読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now or Never ☆今が好機!私は輝く☆

2人の子供のママです!最近、色々なことに私自身が影響を受け、気づき変化を求めております。産後激太りですが、私らしく綺麗になる方法を模索中★ダイエットや美容について日々勉強しています!

★糖質制限ダイエット★

みなさま、こんにちは。

年末年始の暴飲暴食で、ダイエットの必要性を感じている今日この頃です。
私は少し体重が減ったと思っても簡単に太ることができますよ。

私が試しているのは「糖質制限ダイエット」です。

穀物類は一切禁止
・うどん、そば類も禁止
・にんじん、じゃがいもなどの根菜類も禁止
・果物もなるべく摂らない
・乳製品も控える
・根菜類以外の野菜はいくらでも食べていい
・豆腐や納豆などの大豆系の食品は食べてもいい
・青魚を毎日食べる
・肉、卵は食べていい

このダイエットのポイントは、糖質を断つという点です。まずは、体重を落とすことが目的ですから、肉や卵を食べてもかまいません。
野菜の中で根菜類だけが禁止されているのは、炭水化物を多く含んでいるからです。
穀類や麺類を断つためです。

糖質制限ダイエットは「食べたい」という気持ちがなくなるということですが、今まで朝は食パンにバターを塗ったものとカフェオレだった私にとってはとても辛い!
昼食と夕食は野菜や肉や卵などを食べ、まだ頑張れるのですが、
朝はなかなかこのスタイルを変えられないんです。
時間が無い朝などは特にさっと準備して食べることができるので。

炭水化物以外は食べてもいいのに不思議ですね、炭水化物・・・すごく食べたいです・・・。
基本的にお菓子やジュースなどを食べるほうではないので、甘いものを我慢したり炭酸ジュースを我慢したりすることはできます。

糖質制限ダイエットを成功させるためには、食事を前もって準備しておくことが成功への道かと思います。
私が辛いと感じた朝もやはり起きてすぐに食べるものがない!ということです。
私は朝一番に、子供たちの食事の準備を始めるのですが、子供たちの食事というともちろん炭水化物!をメインに汁物や卵料理を中心に朝は作ります。
時には子供たちの朝食はおにぎりかパンに果物とヨーグルトなんていう時もあるので、全く私が食べられるものがないのです。
そうなると挫折してしまいます。
それを避けるためにも、前の晩から自分の朝食の準備が必要になります。私はご飯やパンが食べたくなるような物は朝食には作りません。なので、基本的には味噌汁やポトフやシチューを具沢山で作っておきます。
それにソーセージや目玉焼きを食べたりというようにしています。
飲み物もカフェオレには糖分を含むので、何か他に飲むものを用意しなければなりません。
私が今はまっている飲み物は無添加天然デトックスハーブティーです。
味は、コクと深い旨味が特徴で天然原料で口当たりもよく、飲みやすのでこの時期体も温まって冷え症予防にもなります。

今のところ頑張って続けていますが、正直、イベントや友達との外食の予定があるのでそこをどうやって切り抜けていくか。という感じです。

やっぱり体重を減らすということは難しい課題ですが、続くところまでやってみたいと思います!



薄毛の方に朗報!湯シャンについて

みなさま、こんにちは!


2か月程前に美容院へ行ったとき、髪の毛がよく抜けることとブラッシングの時に髪がひっかかること等を相談すると、湯シャンというのを勧められました。
ご存知でしょうか?


数年前にタモリさんのコメントから話題になっているらしいです。最近では福山雅治さんやYOUさんなどの著名人が「地肌にいいから」という理由で実践しているシャンプーの方法です。


〈シャンプーでのデメリット〉
・頭皮に必要な皮脂や肌を守る為の保湿成分までも過剰に洗いながしてしまう。

・頭皮の角質を傷つける、または余分な角質を剥がしてしまう。

※主にこの二つで頭皮の乾燥や疾患の原因になっている。あと、過剰に洗いながしてしまった皮脂や保湿成分を分泌する為に本来髪にまわるはずの栄養分がそこにとられてしまう。

〈湯シャンのメリット〉
・シャンプーで落とし過ぎていたであろう皮脂を残し、頭皮や髪が本来持つバリア機能などを取り戻すことができる。

・頭皮に必要な皮脂や保湿成分が残っているので、過剰分泌されずに、発毛の栄養分にまわる。



40度を超えるお湯はシャンプー並みの洗浄力があるらしいです!
熱いお湯でお皿などを洗うと、ある程度の油分が落ちたりするようなものですね。

まず、髪の長い女性の場合は動物性や自然素材のブラシ(プラスチックブラシではプラス電荷してしまうので静電気の原因になる)でよくブラッシングしてほこりなどを落としておく。
40度までのぬるめのお湯で3~5分指のはらでもみ洗いする。髪の長い人はこのあとに荒めのブラシで得ながら洗い流す。
乾かす時もタオルで叩くようによく水分を取ってからドライヤーで乾かす。

はじめは2~3日に一回シャンプーして、徐々に湯シャンの回数をふやしていけばいいということです。

私は実践してから2カ月ぐらいになりますが、私はあまり合わないように思います。
なぜかというと、私の頭皮と髪質は、毛先へいくにつれパサパサにはなっているのですが、頭皮はかなりの油っぽさがあります。
なので、2日に一回が限界です。2日間洗わずにいると頭皮が油っぽくなり皮脂の匂いを感じます。髪先にはよさそうなのですが・・・。
夏場であればもう毎日洗わないと見た目にベトベトかと思います。

私が今使っているのは100%天然由来、全身が洗えるシャンプーです。敏感肌の方、お子さまでも使えるシャンプー
頭皮はもちろん、全身も洗えます。

1.界面活性剤を100%不使用
2.肌と同じ成分を配合
3.肌に優しい水を採用

さらに、
・ジメチコン不使用
パラベンなどの防腐剤不使用
・合成香料不使用

本物の「オーガニックシャンプー」なので使っていても肌に優しいです。ボトル一本で頭からつま先まで洗えるのは、子供とお風呂に入っていると子供も洗ってあげないといけないし、あまり時間もかけられないのでありがたいです!


美容院のスタイリストさん(男性)いわく、その方も実践されているそうですが、抜け毛がかなり減ったそうです。それに髪が以前よりサラサラになったとのこと。シャンプー代やトリートメント代も浮いて、髪が増える!
合った人にとっては一石二鳥!!ですね!



産後太りはいつまで?

みなさま、こんにちは!

今日は私の体が劇的に変化を迎えた、出産を終えてからのことを話したいと思います。


一人目を出産してから8ヶ月間は授乳をしていたので、少しぐらい食べ過ぎても自分の体の為に、そして何よりも赤ちゃんの栄養の為にと食事制限は一切せずにいました。
授乳している間はまわりの人たちも温かい目で見てくれていたので、いくら食べ過ぎても特に注意をされることもなく、文字通り好きなだけ食べていました。
それに私自身、若いころから少しでも食事制限やダイエットをすると、貧血やめまいをよく起こしていたので、その頃は食べることを制限することなく、割とよく食べる方でした。
若いうちはお酒も大好きでデートやコンパ、飲み会などもよく行っており、特に気をつけたりはしていなくても太っているということはなかったのです。
なので、出産してもそれほど気にしなくてもすぐに元に戻るだろうと思っていました。


産後、1年ぐらいで元に戻ると思っていたのですが、お腹周りに付いた脂肪やお尻のたるみ、太ももにできたセルライドは一向になくなる気配はありませんでした。なのに胸だけは一気になくなり痩せました。なので座っていると顔は張りがなく胸の辺りには脂肪が無いために痩せていると勘違いされやすいです。なので立ち上がると下半身をみて、一瞬驚かれることがよくあります・・・。

その後、シャンプーのたびに大量に髪の毛が抜けたり、カラーリングしてもつやつやだった髪がパサパサになったり。
顔はやけにシミが目立つようになり、吹き出物もよく出て、色も浅黒い感じになりました。
変化は見た目だけでなく、口の中に口内炎が頻繁にできたり、腰痛、肩こり、手のしびれ等、本当に色々と症状が出てきました。

皮膚科へ行ったり、病院で血液検査を受け膠原病かもと言われ、また別の病院へ行ったりしました。

今現在、一人目を出産してから5年が経ちましたが、よくなっていることは何一つありません。
こういうと言い訳のようですが、子育てが本当に!!大変で忙しかった!!ので、やる気が起きませんでした。


4月には下の子が幼稚園に入園です。
やっと2人が幼稚園に通うことになり、私の時間が持てます!!!

そろそろ子供も手がかからなくなってきたのでこのブログをきっかけに、体の中そして外からと色々なことを試してみて、私自身に変化のあったものや効果がありそうなものを発信してきたいと思います!

初めまして、綺麗な女性になりたいです!

初めまして、いつも綺麗な妻であり母でありたいと願いながら日々すごしております。
4歳と5歳の男児の母です♡

私自身、現在、今までの人生において最も肌荒れがひどく(特にあご、口周り)、しみやほくろが増え続けています。
健康面でも産後から色々と今までになかった疲労や症状があります。
そこで、私の日々の生活で色々と試しながら、これらの症状をこれから克服していこうと思っております!

読んでくださった方が、もし私と同じような症状や状態であるならば、ぜひ一緒に改善できるように色々な情報を発信していければと思っております。
今よりも綺麗に輝ける未来の為に頑張ります!!

ブログでは子育てについてのことなども書いていこうとおもいますので、
よろしくお願いします。